シースリー キャンセル料

全身脱毛一生通い放題!シースリー首都圏拡大中!

シースリー キャンセル料

月額7千円で全身脱毛通い放題とリーズナブルな価格設定で人気のシースリー。
これから全身脱毛しようと考えている方にとって、候補の一つのサロンになることでしょう。

 

施術自体の料金が安いシースリーですが、脱毛サロンに通うにあたって、実は本コース以外にも料金が発生することがあるので注意が必要です。その中でも特に注意したいのがキャンセル料と遅刻の際の対応です。

 

スケジュール管理はしっかりしているからそうそうそう言った事態にはならないと思われる方がおおいかもしれません。
しかし実はシースリーでは生理中の施術はVIOだけでなくすべての部分で施術不可となっていますし、風邪などの体調不良の際も施術は受け付けてもらえません。

 

つまりそもそも生理不順の方はスケジュールを入れること自体が難しいですし、生理に当たらなくても風邪などひいてしまうとそれだけで施術を受けられません。

 

体調不良の際は肌も弱くなっているので照射によって肌トラブルが起こる可能性があるため、通常他のサロンでもこういった措置をとっているのです。

 

それにサロン側はお客様に来ていただいて利益を得て成り立っているわけで、本来は施術をすべき時間が突然の遅刻やキャンセルによって空いてしまうとその枠が無駄になってしまいます。

 

そのため罰金を科すところが多いのです。各サロンによってキャンセルや遅刻の際の対応は異なりますが、シースリーはどうなのでしょうか。

 

実はシースリーのキャンセル対応は非常に柔軟で、キャンセルに伴っての罰金はありません。予定の時刻より前に連絡を入れれば罰則はないですが、無断キャンセルはいけません。回数パックの場合は1回分の消化となってしまいます。

 

シースリーはキャンセル対応は柔軟ですが、実は遅刻には厳しいです。
1分でも遅れると3千円の罰金となりますので注意しましょう。
事前に連絡を入れれば特に罰金などはありませんので、電車遅延などで遅れそうになったらその旨を連絡するといいでしょう。

 

シースリーは事前に連絡を入れることでキャンセルも遅刻も特にこれといった罰則はありません。
ただ、罰則はないといってもすぐに次の予約が入れられることはないので、予約を入れる際は自分のスケジュールはもちろん、生理とも兼ね合わせて考えることです。

 

もちろん突発的な用事は仕方ないですが、脱毛サロンで一番大変なのが予約を取ることと言われているので、スケジュール管理はしっかりとして、キャンセルのないようにすることです。

シースリーなら月々9000円で全身脱毛できる!